長期優良住宅とは?認定基準やメリット・デメリットを解説!

公開日:2023/09/15
最終更新日:2023/06/20
長期優良住宅とは?認定基準やメリット・デメリットを解説!のアイキャッチ画像

家を建てたり購入したりする際「長期優良住宅」という言葉をよく聞きますよね。認定されることでさまざまな優遇があることで知られる長期優良住宅ですが、具体的にはどのような住宅のことを指すのでしょうか。今回は長期優良住宅の認定基準とともに、長期優良住宅を選択することで生じるメリット・デメリットもあわせて解説します。

長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、簡単にいうと長く安全に住み続けられるように普通の住宅と比べて高い性能や特別な構造を持っていて、なおかつそれを国から認められている住宅のことです。従来の日本は、建物を作っては壊す、いわゆるスクラップ&ビルド型の社会でした。

次々と新しい建物を増やし、必要がなくなったら壊して、また必要になったら別の場所に同じような建物を建てればいいという価値観で社会全体が動いていたのです。しかし、それではもちろん環境的な負荷も大きいですし、エネルギー消費の面から考えても効率的ではありませんよね。

さらに昨今のエコ志向の広がりも追い風となり、社会は「性能がいい建物を作り、メンテナンスを加えながら長く大切に使い続けていく」というストック型へと移行してきたのです。その流れを受けて、たくさんの優良住宅を増やすために設けられたのが長期優良住宅という制度です。

長期優良住宅の認定基準

長期優良住宅として国から認定を受けるには、国が定めている認定基準を満たす必要があります。たとえば新築一戸建ての場合、長期優良住宅の認定基準はおもに以下のようなものになります。

耐震性

壁の配置や基礎、接合部などから割り出される耐震等級が「3」以上であること。さらに、地震が起こっても継続して住み続けるために行う改修がなるべく簡単で済むように、損傷レベルが低減できる措置をとっていること。

省エネルギー性

建物が断熱性に優れていて、断熱等性能等級が「5」以上であること。また、省エネ法によって定められた省エネルギー性能が確保されていること。

劣化対策

建物が建ってから数世代にわたる長い期間が経過しても、問題なく建物が使用できること。具体的には、劣化対策等級「3」相当にプラスして、必要に応じて点検やメンテナンスができるように床下と小屋裏に点検口が設けてあり、床下には330mm以上の空間を確保していること。

維持管理・更新の容易性

配管など、耐用年数が比較的短い部分に対して、適切な維持管理ができるようにしてあること。つまり、建物が3世代ほどにわたり使用可能でも配管などはそれより前に交換や補修が必要になる場合が多いため、メンテナンスがしやすくなっているかということです。

維持保全計画

建築する段階で、将来どのような期間でどのようなメンテナンスを行うのかあらかじめ計画されていること。

バリアフリー性

高齢者が暮らしやすいように、将来バリアフリー化できるかどうか。建築する段階では高齢者がいなくても、そのまま住み続けた場合はいずれ高齢者が住むことにもなりますよね。

バリアフリー化できなければその時点で建て直しや引越しとなってしまうので、長期優良住宅とはいえません。暮らし方が変わっても、なるべく簡単に対応できる、それが長期優良住宅のよさであり目的でもあります。

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅にした場合、メリットはたくさんありますが、中でも最大のメリットは税制上の優遇があるという点です。長期優良住宅の認定を受けられれば、控除や税金の軽減もあるので、その分得することになります。

また、もし売却する場合は長期優良住宅だと資産価値が高くなるので、相場より高値で売却できる可能性も高くなります。さらに、長期優良住宅に認定されているということは地震や災害に強い住宅であるということの証明にもなるため、割引価格で地震保険に加入できることもあります。

保険会社によってそれぞれ適用条件を設けているため、地震保険に加入する際はぜひチェックしてみてくださいね。

長期優良住宅のデメリット

逆に、長期優良住宅のデメリットとしてはやはりコスト面が挙げられます。

いわゆるローコスト住宅とは違い、長期優良住宅だと基準を満たすために建築費用も高くなるうえ、最初に設けた維持保全計画に従ったメンテナンスを行わないと国からの認定が取り消されることにもなるので「今はお金がないからメンテナンスはまだ先でいいかな」というように先延ばしができません。

長期優良住宅にするなら、金銭的にも長期的な目線で計画しておく必要があります。また、長期優良住宅に認定されるためには申請が必要で、その申請が通らないと着工できません。そのため入居までの期間が延びることもあります。

まとめ

このように、長期優良住宅に認定されるにはさまざまな基準をクリアする必要があり、それなりにコストや手間や時間もかかります。

とはいえ、結果として国が認める基準以上の安全性や将来性を備えた住宅にできるということでもあるので、長く住み続ける住宅にするつもりなら長期優良住宅にしておいたほうが結局はメリットも多くなります。自分や家族の未来を見据えて、長期優良住宅にしたほうがいいのかどうかをよく検討してみてくださいね。

おすすめ関連記事

PICKUP TABLE

【東広島】
おすすめの住宅メーカー 比較表

イメージ
会社名建築屋 shinseigumiコバーン日興ホーム井上工務店前田ハウジング株式会社イワキサイエンスホーム広島店
特徴広島県の木材を使った自然素材の家づくり多様な選択肢から選べる家づくり「パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー」を採用多様な要望に応えられる家づくり豊富なリフォーム経験を活かしたオンリーワンの家づくりコンセプトは「住む人にやさしい住まい」全国展開する木造注文住宅ブランド
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
OTHER LIST

【その他】
東広島市の住宅メーカー

  • 東亜ハウス
    会社名東亜ハウス株式会社
    住所本社:〒730-0037 広島市中区中町7番16号 ポレスター広島2F
    電話番号0120-21-4141/082-545-7160
    営業時間9:00〜17:00
    定休日水曜
    詳細はこちら
  • タナカホームズ
    会社名田中建設株式会社
    住所東広島店:広島県東広島市西条東北町3−22
    電話番号0120-081-300
    営業時間10:00~18:00
    詳細はこちら
  • 積水ハウス
    企業名積水ハウス
    住所(広島支店)〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原5-16-6(ケイ・テイ ビル3F)
    電話番号(広島支店)082-871-8001
    営業時間09:00〜18:00
    定休日毎週火曜・水曜日・祝日
    詳細はこちら
  • トヨキタホーム
    企業名トヨキタホーム/豊北産業 株式会社
    住所〒739-2201 広島県東広島市河内町中河内643-1
    電話番号0120-939-401/082-437-0788
    営業時間8:00~17:00
    定休日第2・4土曜・日曜日
    詳細はこちら
  • タマホーム
    企業名タマホーム
    住所(東広島店)
    〒739-0002 広島県 東広島市 西条町吉行855-1
    電話番号(東広島店)0120-924-070
    営業時間9:00~20:00
    定休日毎週水曜日および7/1(土)・8/1(火)・15(火)
    詳細はこちら
  • 大喜
    社名株式会社 大喜
    住所広島県広島市安佐南区西原3-13-12
    TEL0120-963-462
    詳細はこちら
  • 山根木材ホーム
    社名山根木材ホーム株式会社
    住所広島県広島市南区出島1丁目21番15号
    TEL0120-254-767
    詳細はこちら
  • 坂田工務店
    社名株式会社坂田工務店
    住所奈良県五條市西河内町106番地の1
    TEL0747-22-8877
    定休日日曜日、第1・第3土曜日、祝日
    詳細はこちら
  • 佐々木順建設
    社名佐々木順建設株式会社
    住所広島市南区東雲本町3丁目5-20
    TEL082-282-0201
    詳細はこちら
  • 一条工務店広島
    社名株式会社一条工務店広島
    住所 広島県福山市手城町3-11-8
    HP内に問合せフォームあり
    詳細はこちら
  • テクナホーム
    社名株式会社テクナサービス
    住所広島県東広島市西条町御薗宇8529-10
    TEL0120-07-8833
    定休日年中無休
    詳細はこちら
  • シンヒロホーム
    社名株式会社 新広
    住所広島県東広島市三永1-3-20
    TEL0800-2006-866
    詳細はこちら
  • 321HOUSE
    社名株式会社三井開発
    住所広島県東広島市西条中央5丁目9-16
    TEL082-426-3218
    定休日水曜日
    詳細はこちら